EUDITION |

「気になる新しいコスメを、誰よりも早く。BEAUTY PICK UP! #7」6月9日発売 MEN’S NON・NO7月号にEUDITION OIL掲載されました!

だんだんと湿気が多くなり、蒸し暑い真夏のような天気が続く日が増えてきました。

今年はマスクをつけているのでなおさら暑苦しいですね。

そんな夏でも、お肌は爽快さをキープして気分をスッキリさせるアイテムとして、EUDITION  OILをご紹介いただきました。

出典:メンズノンノ

 

夏の男性肌にも使いやすいさらりとしたテクスチャー

オイルというとベタつくイメージを持つかもしれませんが

EUDITION OIL(ユーディションオイル)はベタつかずサラッと軽いテクスチャーです。

スッとお肌に馴染むので、スキンケア・オイル初心者にもオススメです。

主要成分の他に、アンズ核油、ワサビノキ種子油、マンゴー種子油などの植物由来オイルと3種の精油を絶妙な黄金比でブレンドすることで、成分単体では出せない肌なじみの良さを実現しました。

 

実は乾いている男性の肌

男性の肌は女性の肌より表皮が厚く、皮脂の分泌も多いためベタつきがちです。

シェービングや夏のエアコンや紫外線から刺激を受けている肌を、テカリやベタつきが気になるからと、顔をゴシゴシ洗ったり、化粧水だけで済ませるのはNG。

最近はファンデーションを使っている男性も多いので、メイク落としとさっぱりするタイプの洗浄力の強い洗顔で、お肌のバリア機能は水分とともに奪われています。

この状態では、お肌は自分を守ろうとより皮脂を出そうとします。

正しく適度な油分を与えることが大切です。

 

EUDITION OILで夏のデリケートなメンズスキンにハリとツヤを

そんな男性のお肌にオススメなのが、男女兼用で使えるフェイスオイル、EUDITION OIL(ユーディションオイル)です。

使い方は簡単、数滴を手の温度であたためて両手で優しくお顔全体になじませるだけ。

洗顔後の保湿にお使いいただくのはもちろん、プレシェービングオイルとしてもアフターシェーブオイルとしてもお使いいただけます。

EUDITION OIL(ユーディションオイル)には主要成分として、つよい抗菌・抗酸化作用を持つ鹿児島県産の柑橘・辺塚だいだいから抽出された発酵エキスが配合されていて、男性のシェービングからお肌を守るのに最適です。

プレシェービングオイルは、意外と日本では浸透していませんが、ヨーロッパでは男性の身だしなみアイテムとして比較的ポピュラーです。

お肌の刺激となるエタノールやメントールは含まれていません。

希少な植物由来成分がしっかり保湿。優しくお肌を守りお肌を内側からふっくらさせハリとツヤを与えます。


リラックス効果の高い天然の精油の香り

EUDITION OIL (ユーディションオイル)の香りには人工香料が使われていません。3種類の精油が、控えめにほんのりと香ります。

チョウジ葉油:抗菌効果、鎮静効果があり、肌を清浄に保ち、健やかな肌状態を維持します。

アトラスシーダー木油:古代の多くの文明で、様々な用途で幅広く利用されていた植物。寺院の薫香として利用されてきた植物で、深く甘みのある香りは気分をゆったりと鎮めてくれます。

オレンジ油:心を明るくポジティブな状態にしてくれます。強い不安や緊張感を緩和するのに役立します。

 

売上の1%を地域コミュニティに寄付

EUDITION OILの主役となる原料は、辺塚だいだい発酵エキスです。

これは鹿児島県肝付町岸良という自然豊かな限界集落に古くから自生する地域固有の植物・辺塚だいだいの果皮と枝葉から酵母で抽出したエキスです。

辺塚だいだいは爽やかで骨太な香りとたっぷりの果汁が特徴で、岸良とその周辺地域では昔から酢の代用として食文化を彩ってきました。

しかし集落の高齢化・過疎化は進み、耕作放棄地が増え、辺塚だいだいの生産者は減少しています。

現在、永谷農園では耕作放棄地を新たに辺塚だいだいの畑として再活用し始めています。

EUDITIONは売上の1%を地域コミュニテイに寄付し、荒れてしまった畑を整備して耕し、苗を育てるサポートをします。

 

この夏は、EUDITION OILでお肌を癒してみてはいかがでしょうか。

EUDITION OIL  8,300円 (税込)