EUDITION |

「地球に触れる! 地球を感じる! 今こそ、アーシングのススメ」6月27日発売 ELLE JAPAN 8月号にEUDITION OIL掲載されました

2020年6月27日発売のELLE JAPAN (エル・ジャポン)は、「未来を変えるアクションを、地球からのメッセージ」と題して、日本に限らず世界の様々なシーンで考えられていたり取り組まれているサステナビリティに関する話題が大々的に特集されています。

サステナビリティやSDGsと言った言葉がマス媒体で取り上げられるというのは、3年前にEUDITION OILの開発を始めた頃には考えられないことでした。

今年は特集ですが、来年からはファッション、ビューティ、本や映画や音楽、それらの紹介と同じように、毎号サステナビリティの情報が当たり前に発信される、そんな時代になっていったらいいなと思います。

一過性のトレンドで終わらなせないために、私たちが今後考え続けなければいけないことですね。

出典:https://www.hearst.co.jp/brands/elle

「アーシングのススメ」地球のパワーを取り入れよう

EUDITION OIL(ユーディションオイル)は、「地球に触れる! 地球を感じる! 今こそ、アーシングのススメ」という特集の中で紹介いただいています。

アーシング。まだ日本ではあまり聞きなれない言葉ですね。

地球に触れ、地球のパワーを感じることで、人間本来のリズムを取り戻す。
EUDITION OILを紹介してくださった植物療法士・森田敦子さんは、私たち人がそもそも地球の一部だということを忘れてはならないと語っています。

地球の表面をコンクリートで塗り固めた都会で暮らしていると、毎日海に行ったり森に行ったりして自然と触れ合うことは難しいですよね。

でも人間も動物ですから、自然のリズムとかけ離れたところでの生活では、五感をシャットダウンして心身に負担をかけ頑張りがちに。知らずしらずのうちに自分の体調の変化にも鈍感になり、気づいたときには不調、なんてことにも。

とはいえ何かと忙しい現代の生活、毎週ピクニックやキャンプに出かけるのもなかなか至難の技です。
ましてやここはヨーロッパや北米ではなく日本。この時期には「自然」のあるところではもうダニや蚊が大量発生していて、公園でヨガマットを広げてメディテーションしようものなら全身を虫に刺されることでしょう。

人間、無理は続きません。

そんな時はぜひ手軽に、日々の暮らしに地球の恵みを凝縮したフェイスオイルはいかがでしょうか。朝晩のお肌のケアに、EUDITION OIL(ユーディションオイル)を取り入れてみていただければ嬉しいです。

 

鹿児島県の秘境・岸良に自生する地域固有の植物・辺塚だいだいを使ったサステナブルコスメEUDITION OIL

EUDITION OIL は、鹿児島県の大隅半島の端にある小さな集落・岸良(きしら)とその周辺地域に育たない、地域固有の植物・辺塚(へつか)だいだいを凝縮したフェイスオイルです。

オイル美容初心者の方にも抵抗なく毎日のお手入れに取り入れていただきやすいサラリとしてテクスチャーです。

洗顔後、化粧水の前にブースターオイルとしてご使用いただくと、お肌の角質を柔らかくし、オイルの美容成分はもちろんのこと、そのあと使う普段お使いの化粧水の浸透がぐんとよくなります。

 

岸良という大地のパワーを凝縮した、辺塚だいだいの成分

岸良とその周辺地域は、日本最大級の照葉樹林の原生林があります。

照葉樹林は他の樹林と比べて落ち葉が多いため、土はとても豊かな成分を含む腐葉土となります。その豊かな腐葉土に雨が降り注ぎ、地中を通って沿岸へと流れ、また海から蒸発して雨となる。

大規模な農業や漁業は行われておらず、主だった産業もなく、雄大な自然の前でひっそりと人間が必要なスペーすだけを遠慮気味に使って暮らしています。

岸良は、産業化が進む以前のような、とても美しい自然環境の循環がある土地です。

まさしくアーシングにぴったりな、大地のパワーがみなぎる場所です。

EUDITION OILの主役となる辺塚だいだいは、この地で無農薬・無化学肥料で栽培されたもののみを使用しています。この照葉樹林が生み出す豊かな土と水で育まれます。長い年月をかけて地域の気候風土に適応してきたため、農薬や化学肥料に頼らなくとも、自らが作り出すカテキン類が豊富です。

そのため抗酸化作用・抗菌作用がとても強いのです。

EUDITION OIL はこの辺塚だいだいの果皮と枝葉を酵母で培養することで、成分を抽出してオリジナルの成分を開発しました。

 

サステナビリティをトレンドで終わらせないために

EUDITION(ユーディション)は、持続可能な地域産業の創出と、植物多様性の保全を目的としたブランドです。第一弾商品として鹿児島県肝付町岸良(きしら)に古くから自生する地域固有の香酸柑橘・辺塚だいだい(読み:へツカダイダイ)を活用したEUDITION OILを発売しました。

EUDITIONにとってのサステナビリティは、地域固有の植物を保全することで地域の環境と文化を守ると共に、経済効果を生みながら地域課題を解決することで、持続可能な事業とすることです。

持続可能な方法で、これからもEUDITION OILを通して皆様に岸良の雄大な自然のエッセンスをお届け出来ればい幸いです。